「自分が見た夢の話」というのは、人を退屈させる話ネタランキングで常に上位に位置しているという。

───のはわかってるけど、しちゃう
目覚めた今もあまりにリアルで気持ち良い「空を飛ぶ夢」 を見てしまったから。


image



夢診断によると「飛ぶ夢」と言っても飛び方やシチュエーションにより細分化されていて、一概には言えないようだ。

私の場合は‥‥‥
    (1)高くも低くも飛んだ
    (2)1人で飛んだ
    (3)場所は海の上
    (4)自由自在に飛べた
    (5)道具を使って飛んだ 
    (6)鳥くらいのスピード
ほんとにリアルに映像が浮かぶけど、不思議なことに自分の服装だけが思い出せない。

(5)の道具というのは、例えるならジブリ映画「風の谷のナウシカ」に出てくる「メーヴェ」の超小型版といった感じ。
(でも、道具の有無はあんまり関係ないみたい)

 メーヴェとナウシカの模型 コミニカ ¥3045
image


この夢の気になる診断結果は────ジャーン! うふふ♪の「吉夢」

物事が思い通りに進んでいたり、新しいことにチャレンジしてみたい意欲が高まっていたり、とにかく人生に追い風が吹いている状態だそうな

フムフム‥‥あんまり実感はないけど、なんだか悪い気はしないぞ



image



これが、◎低空飛行が続く
    ◎途中で落下する
    ◎異性と飛ぶ
    ◎思い通りに飛べない etc.
だと、たいてい有り難くないことが書いてあった。

一番いいのは「上昇し続ける夢」だそうで、これは最高の吉夢らしい。
だけど上昇し続けたら、宇宙に行っちゃうでしょうに‥‥アリなの?それ(笑)



image



「夢診断」というと女子の大好きな「占い」と同類みたいな気がするけれど、ユングやフロイトによる学説が立っており心理学に属する立派な学問のようです。
(でもそう言えば「占い」もある種の学問ではありますね‥)     

ただ単に強く意識していることや衝撃的な記憶を夢に見ることも多々あるようだけど、深層心理が現れることも確かにあるのなら、それを踏まえて自分をそっと見守るスタンスでいるのもいいかもしれない。



image



夢の中でほんとに気持ちよかった‥‥!
目が覚めた直後なんて現実と混同していて、飛べる気満々でいた(笑)
今でも「飛ぶのっておもしろ~!」っていうワクワクしたあの感覚をちゃんと思い出せる。

ここまでリアルな夢ってあまり経験がないので、余計に「これはきっと何かのお告げでは!?」と思いたくなってしまうわけです。



「上昇思考の現れ」かあ‥‥

私は、何を思いどこへ行こうとしているんだろうね。




image



今日の早口言葉
  「宇宙ステーションで写した写真の社説」×3